大学研究室

国立研究開発法人 水産研究・教育機構
水産大学校 海洋機械工学科 石田武志研究室

水産研究・教育機構のホームページ

水産大学校のホームページ

■研究室名: 環境情報システム研究室
■所在地: 山口県下関市永田本町2-7-1

■研究室代表者: 海洋機械工学科 海洋機械学講座 教授 石田武志

■主な研究

1.フグ種・雑種鑑別システムの開発

フグは、種別ごとに体内での毒の分布状況が異なるため、可食できる部位が定められています。一方で、交雑したフグは、毒の部位が不明なため、調理されずに処分されます。

交雑種も含めた種の判別が可能となれば、フグの毒部位が明確になり、フグの無駄な処分が減るとともに、フグ種の誤判断の可能性も低くなると考えられます。

 本研究は、フグ種ごとに異なる体模様を再現するコンピュータモデルを開発し、そのモデルからフグ種の判定を行うシステムの構築を目指しています。

フグ模様の形成シミュレーションの事例

②魚群シミュレーションによる計数システムの開発

生簀(いけす)の内部の魚の動きを魚群シミュレーションにより再現し、さらに人工知能の技術と組み合わせることで、生簀から直接得られる情報(動画や超音波センサー等による生簀の一部の魚の動きの情報)から、高精度に魚数を推計するシステムの開発を目指した研究です。

魚群シミュレーションの事例

 

③沿岸域のエネルギーシステムに関する研究
・分散エネルギーの自己組織化ネットワークに関する研究
・海洋構造物の自己組織的形成に関する研究